【ワンランク上の背景ボードならコレがオススメ!】100均の背景ボード以上のクオリティでフィギュア撮影をしたい人にオススメなひとつのグッズを紹介!!その②

どーも、こんにちは!

今回も、前回同様に『フィギュアやぬいぐるみの撮影に使える背景紙・背景ボード』関連の記事を書いていきます。

撮影例を含めて丁寧に紹介していくので、お楽しみに!

ではどうぞ!

スポンサーリンク


今回紹介する商品は、前回の記事で紹介したアイテムの柄違い

今回の記事で紹介するアイテムは、前回の記事で紹介したアイテムのデザイン違いのアイテムとなっています。

ですので、具体的な商品情報等を知りたい方は、前回の記事から読まれる事をオススメします。

ちなみに前回の記事がこちらになります。

【ワンランク上の背景ボードならコレがオススメ!】100均の背景ボード以上のクオリティでフィギュア撮影をしたい人にオススメなひとつのグッズを紹介!!その①

2017.10.01

ぜひ参考にしてみてください。

今回紹介するアイテムがこちら!

created by Rinker
箱庭技研
¥1,944 (2019/08/21 13:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

今回紹介する商品がこちらの商品になります。

背景紙というよりも、背景ポスターと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

前回紹介したアイテムは、“山がメインの商品”でしたが、今回の商品は“草原がメインのデザイン”となっています。

好みの問題もあるかと思いますが、個人的にはこちらの絵柄の方が好きです笑。

商品自体がポスターの形をしているので、このポスターを壁に貼り付けて、その上にフィギュアやぬいぐるみを置いて撮影していくのが基本的な流れとなります。

絵柄は全部で2種類!表と裏で違ったデザインが楽しめる!

△ポスターをひっくり返した裏面には、また違ったデザインの背景が登場!

先ほど紹介したポスターをひっくり返すと、その裏面には、また違ったデザインの背景画が登場します。

つまり、ひとつの商品を購入すると、『ふたつの絵柄で撮影を楽しむ事ができる』というわけなんですね。

こちらは、同じ草原の夜ver.のデザインとなっています。

同じ絵柄でも、カメラの位置を変えるだけで全く違う写真を撮ることも可能!

先ほど、『ひとつの商品で、ふたつの絵柄を楽しめる』と書きましたが、実際にカメラ位置を変えるだけで“違ったテイストの写真”が撮影できる事も見逃せません。

一例を挙げると、こちら↓

こちらは普通に、平行にカメラを向けて撮影した写真になりますが、ここからさらにカメラアングルを下から上に向けて撮影をしてみると、以下の様に↓

青空と山を新たに取り入れた異なる絵面の写真を撮ることも可能です。

また、カメラを真上に置いて俯瞰で撮影してみると↓

このように、全く雰囲気の違う写真を撮る事も可能です!(※こちらは昼ver.側で撮影しました)

つまり絵柄は2種類ですが、カメラの撮り方によって色々な絵作りが可能となっているアイテムだと言えます。

こういう事が出来るのも、こちらの商品がポスタータイプとなっているおかげです♪

絵柄紹介その①

それでは簡単に絵柄を見ていきましょう!

(※写真作例も記事後半で載せていく予定です。)

こちらの面は、昼間の草原のデザインとなっています。

実際に使ってみると、配置されている木が良い感じに働いてくれるので、木を取り入れた写真作りがとても楽しいです!

この草原のクールな感じも、とってもシャープでカッコいいです!

絵柄紹介その②

先ほど紹介した面をひっくり返すと、こちらの絵柄になります。

こちらは、草原の夜ver.のデザインとなっています。

こちらの面は、草原だけでの写真作りが少し難しいですかね…(^_^;)

ただし、そのマイナス面以上の素敵な写真が撮れる事は間違いないので、問題は全くないです!

スポンサーリンク


撮影補助グッズその①:ひっつき虫

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥178 (2019/08/21 15:35:29時点 Amazon調べ-詳細)

今回紹介するポスターアイテムを使用するときに、こちらの『ひっつき虫』というアイテムがあるとかなり便利になります。

というのも皆さん、画鋲でポスターに穴を開けたくないですよね?

この『ひっつき虫』という商品を使えば、ポスターに穴を開けずに自由な貼り付けが可能となります。

必須のアイテムではないですが、あると便利なアイテムとして、ぜひ覚えておいてください。

購入は一般的なホームセンターでも購入可能です。(あくまでも在庫があればですが…)

商品を開けると、この様な白いものが入っているので、これを手でちぎってよ〜くこねていきます。

そして後は、上の写真の様にポスターの四隅にひっつき虫を貼り付けるだけでOKです。

着脱も自由自在で、基本的に剥がし跡も残らないので、その点からもかなりオススメの商品ですね。

(※ただし、ずっと貼り付けておくとポスターにひっつき虫の油分みたいなものがうっすらと移る事があるので、撮影毎にひっつき虫を付けていく事を推奨します。)

ひっつき虫をポスターに貼った後は、こんな風にポスターを壁に貼り付けて撮影をしていきます。

撮影補助グッズその①:つや消しスプレー

更なる優れた作品作りのために、ポスターにつや消しスプレーをかけるのもオススメです。

この方法は、購入すると付いてくる付属の説明書にも推奨されている方法ですので、ぜひ購入の際は、ポスターにつや消しスプレーも同時にしてみてください。

どうしても素材や印刷の関係から、照明の光の反射が写り込んでしまいやすいんですよね…(^_^;)

その反射の写り込みを軽減するために、つや消しスプレーが必要になってきます。

ちょうどこんな感じに↓

スプレー使用前と後をイメージして頂ければ良いと思います。

推奨されているスプレーは以下の2種類となります。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥454 (2019/08/21 15:35:30時点 Amazon調べ-詳細)

ひとつ目がこちらのつや消しスプレーで、もう一つが以下の

になります。

正直、どちらでもそこまでの違いはないと思いますので、お好きな方でどうぞ!

より良い写真を撮るためにも、ぜひ、つや消しスプレーでポスターを加工してみてください!

撮影写真例紹介!

長くなりましたが最後に、こちらの背景を使用した写真撮影例を紹介していきます。

人形は、需要の多い『ねんどろいど』を使用して写真を撮りました。(※ダンボーは、ねんどろいどよりひと回り小さいサイズ感となっています)

ぜひサイズ感の参考にしてみてください。

(※と言っても、この背景商品自体が典型的なポスターサイズでかなり大きいため、ほとんどの人形の背景として使用できると言っても過言ではありません。)

では見ていきましょう!

元々の背景の絵面がゲームの様な雰囲気があるので、上の写真の様に“ゲームと現実の中間”の様な写真が撮れるのが、個人的にかなり気に入っています。

背景をぼかせば、人形に躍動感を与える事も可能です。

ここからさらにボケ味のある写真を撮ると、以下の様に↓

躍動感を飛び越えて、実際に“走っている”様な写真を撮る事もできます!

ここからは、裏面の撮影例になります。

こちらの2枚は先ほど紹介しましたね。

また、こんな風に↓

山を眺めている様な写真を撮ってみても面白いですよ♪

山全体を写しても面白い絵が撮れますね。

ただ夜なので、俯瞰の絵はちょっと使いづらいです。

組み合わせ的には『ポスター×ねんどろいど』の組み合わせが一番のオススメですかね。

自分のねんどろいどをカッコよく綺麗に撮影するための小道具や背景を探している人』にも、この商品はオススメです!

違う絵柄のポスターもあるので、そちらも徐々に紹介していきます!

いかがだったでしょうか?

また新たな背景ボード関連グッズを購入した際は、当ブログで紹介していきます!

自分で言うのもなんですが、本当に良いグッズだと思いますので、気になった方はぜひ検討してみてください!

とりあえず今日はここまでになります。

ではまた!

【今回紹介した背景ボード(背景ポスター)】

created by Rinker
箱庭技研
¥1,944 (2019/08/21 13:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

工作全般における役立つ知識をまとめています!

ジャンルを問わず工作や木工、ミニチュア製作に役立つ内容を体系的にまとめています。

記事数も厳選してかなりわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

工作作業アイテム早見表

接着剤のまとめページ

カットの技法まとめページ

塗り方のまとめページ

意外な盲点!?キンドルの読み放題サービスが実は工作に役立ちます!

こちらはキンドルの読み放題サービスになるのですが、意外にも工作やミニチュア製作全般に役立ちます。

使い方としてはこんな感じです。

オススメの利用方法
  1. 自分の読みたい工作系の本をリストアップ
  2. リストアップした本が、アマゾンキンドルの読み放題サービスに対応しているか確認
  3. リストアップした本が多かった場合、30日間の無料体験に申し込む

といった流れですね。

特に、誰もが『30日間の無料体験期間』を与えられるので、続ける必要性を感じなかった場合途中解約することも可能です。(※その場合、もちろんお金もかかりません)

ですので、これを機会にぜひ色々な工作系のノウハウ本を読んで、色々な知識を取り入れてみてください!

スポンサーリンク